マンション管理会社とその役割

戸建てとマンションの大きな違いは、マンション管理組合そして管理会社の有無にあるのかな、と思っています。

マンションの管理組合とマンション管理会社というものがありますが、この二つは全く異なるものです。マンション管理組合は、簡単に言うとマンションの入居者の集まりです。戸建てで言えば自治会に近いイメージを持つ集団ですね。お金を徴収して、トラブルに関してはみんなで話し合い、必要なら修繕や投資を行う。これがマンション管理組合です。

ちなみに、自治会とは異なり、マンションを買った方は全員加入する義務があります。これは実際に住まわれている方に限らず、投資物件として購入した方も含まれます。

そういえば、中国人などが投資物件として爆買いしてしまったがために、管理組合が体をなさずに困っている…というマンションもあるそうです。投資マンションとして人気になったのは、大阪か東京かどこかのタワーマンションだったと思います。

管理会社は、マンション管理組合(つまりは住人)から管理費を徴収して、マンション全体の管理を代行してくれる業者です。事務的な業務や清掃、修繕の手配や管理、あと、住人同士のトラブルについても間に入ってくれます(限界はありますが)。

収益物件としてのマンション購入を考えている方は特に、管理組合や管理会社についてしっかり調べておくのがお勧めです。