自分と周囲の為、マンションの防音対策は最低限チェックしておこう

マンションなんてどれも同じ、と楽観的に考えている人もいるかもしれませんが、特に「音」に関する事はないがしろにしてはいけないと考えております。
私自身楽器を演奏する人間であった為、元々音を気にしていました。

 

同時に近所の音をかなり気にしました。
その為、隣りの部屋や上下の部屋、またお向かい等の音が聞こえるか、また自分の部屋の音がどれほど聞こえるかを予め管理人さんやマンション運営会社の人に確認をしました。

 

そのかいあって、めったに音を気にする事なく、生活ができました。
ところが、対して私の友人にはただ値段だけでマンションを決めてしまったが為に大変苦しんだ人がいました。

 

彼女は、一人暮らしをする女性でしたが、近隣の部屋の声がかなり聞こえる薄い壁の部屋のマンションだったようです。
お隣で飲み会をすれば、その笑い声や話し声が十分聞き取れるほどだったようです。

 

また酔った勢いで大声や奇声をあげたりして、大変ストレスになったそうです。
他にも、たまにドンと大きな音が伝わってきて、つい叩きかえしたら、より大きな音になってかえってきてしまったそうです。

 

怖くて、その後はかかわらないようにしたそうです。
そういった相談を何回も聞かされ、マンションにおける防音対策の重要性を私はより認識したわけです。

PR|兵庫で探す実質利回りが高い収益物件|